日本における選挙権の変化

法律 成人

日本における選挙権の変化

日本の選挙権は、長い歴史のなかで、少しずつ法律の改正が行われてきました。
初期の選挙権は、女性には与えられることがなくて、男子のみに与えられていました。
また男子であったとしても、すべての人に与えられるのではなくて、一部の人に限定されていたのです。
しかし、時代の流れとともに、徐々に選挙権が与えられる対象者は、広がるようになってきました。
まず、一部にしか認められていなかった男子の選挙権が、全ての男子において認められたのです。
ところが当時は選挙というものが、男子であったとしても、それほど国民に浸透していませんでした。
そのため当時は、いかに選挙を国民に周知するかが、大きな課題だったのです。
戦争を経てからは、憲法において、全ての国民が法の下に平等ということになりました。
結果として戦後からは、女性に選挙権が与えられるようになりました。
この結果として、成人に到達した国民には、すべて選挙権が与えられるようになったのです。

法律系資格 民法について

民法は司法書士や弁護士など法律系資格に関わらず、宅建や管理業務主任者など不動産系資格でも試験科目として課せられている重要な科目です。
理論立てて考えて正解を導き出す必要があるため苦手としている人は多いため、民法を得意としていると他の受験生と差をつけることができます。
民法は実生活と非常に関連が高いので、実際の生活でおこりうる問題に対して法律ではどうなるのかといったことを知ることができます。
なので知っておくと役に立つ知識ばかりです。
勉強方法としては法律の勉強が初心者の人は、マンガなどで書かれたわかりやすいテキストを購入してしっかりと読むことから始めると良いです。
宅建などの試験勉強では、六法全書は使う必要はありません。
まずはイメージをもつことと用語に慣れることからはじめます。
次に過去問を中心として問題演習することです。
宅建や管理業務主任者などの試験では選択肢の中から正解を選びますが、各設問に対して正解不正解の理由つけをすることが大事です。