法律における「成人」の定義

法律 成人

法律における「成人」の定義

法律の中では、「成人」はどのように定義されているのでしょうか。
民法3条では、満20歳以上が「成年」であると定義されています。
満20歳になれば、自分で自由に契約などの法律行為をすることができます。
一方未成年者には、さまざまな制限が定められています。
しかし、この満20歳の成年年齢には例外があります。
それは結婚したときで、未成年であっても成年に達したものとみなされます。
現在では男性が18歳、女性が16歳で結婚できるので、未成年であっても結婚していれば「成年」として扱われます。
このような規定があるのは、婚姻生活の独立性と男女平等を実現するためと説明されています。
ただし、成年として扱われるのは契約などの私法上の法律行為に限られます。
未成年者は喫煙や飲酒などが禁じられていますが、結婚したからといって喫煙や飲酒をすることが合法になるわけではありません。
現在では成年年齢を18歳に引き下げる議論もあり、今後「成人」の定義が変わることもあるかもしれません。

フィルム延伸・ラミネート装置など
各種装置をご提供しています

大阪のナイトワークをお探しの女の子へ

法律と漫画についてのこと

私は日本に住んでいながら自分がまったく日本の法律に精通していないということに気付きました。
私がそのことに気付いたのはちょうどテレビのバラエティ番組で法に関する豆知識の特集をしていたときです。
私はこんなにも自分の知らなかった法の知識があるものかと目からうろこが落ちるような思いがしました。
法律をたくさん知っているということは日常生活を送る上で決して不利にはならないことです。
むしろ法を知らない方が知らず知らずのうちに不利な立場になるような場合もあります。
ですから私はあらためて法を知ることの重要性を認識するようになりました。
そこで私が考えたのは日本の法を本格的に勉強することです。
ですが私は法を勉強するための基礎知識に欠けているために、専門的な本を読んでもちゃんと理解できるかどうか不安でもありました。
ですが最近では漫画でもやさしく法律が学べる本を売られていることがわかりました。
漫画は見やすいので私でも簡単に読めるので良い勉強になっています。

最新投稿